働き方次第で稼げる訪問介護ヘルパー

他業界に比べて給料が安いと言われることがある介護業界だが、努力と工夫次第でしっかりと稼ぐこともできるのだ。給料アップを目指す分かりやすい方法は、介護業界でキャリアアップをすることだ。介護業界では介護資格の取得がキャリアアップに繋がり、介護資格の最高峰であるケアマネジャー資格まで取得できれば給料アップは十分可能だ。一般の介護職員に比べて基本給が上がることはもちろん、企業によっては資格手当や管理職手当、職務手当などの各種手当が付与されることもある。
しかし、上位の介護資格になるほど当然取得難易度は高く、ケアマネジャー資格や国家資格である介護福祉士資格は介護業界で働き始めてすぐに取得できるものではない。そこで、介護業界で給料アップを目指すもう一つの方法が、働き方を工夫するやり方だ。
どのように工夫するのかと言うと、通常より時給が高くさらに手当まで付く夜勤勤務を専門とする働き方だ。特におすすめなのが、夜勤専門の訪問介護ヘルパーだ。夜勤専門の訪問介護ヘルパーにも大きく分けて2種類あり、夜中に利用者の排泄介助をしに何軒かの自宅を周るパターンと、1勤務につき1件のお宅で利用者を見守るパターンだ。基本的に利用者は就寝中のことが多く、企業によっては訪問介護ヘルパーの仮眠時間も設けており、日勤よりも負担が少ない可能性もある。給料が安いと言われがちな介護業界だが、浅いキャリアでも働き方一つでしっかりと稼ぐことができるのだ。